大正浪漫の宿 渡月庵
宿泊プラン 大正浪漫の宿 渡月庵
【大正浪漫の宿 特別室】“あやめ” 本間10畳と控えの間4.5畳 和牛ステーキ付き“遥会席” オンラインカード決済可
食事: 朝・夕 チェックイン 15:00〜18:00 チェックアウト 〜10:00
残室・料金を見る
[ 部屋タイプ ]
和室 あやめの間 -special- 和室10畳と控えの間4.5畳の特別室
※バスなし
◆お部屋◆
2階の【特別室】として創業当時より特別な方がご宿泊される客室として建設されました。皇族の方もご滞在され、和倉温泉の歴史に残るお部屋です。らんまは旭日と鶴亀が彫刻がされており、床の間は、床柱・床框とも黒檀を贅沢に使い荘厳かつ気品の高い雰囲気を醸し出します。広さは控えの間4.5畳+本間10畳+縁側。
(平成26年にトイレ新設)
 
◆渡月庵からのお知らせ◆
★『和倉温泉スイーツめぐり』好評につき延長開催中!
★能登島観光に便利!能登島交通のバス1日券販売中♪
★カップル・女子会・ファミリーで気兼ねなく温泉を満喫できる貸切風呂も充実♪
 檜の薫り漂う貸切風呂「湯音」
 源泉100%の貸切風呂「夢蔵」
★姉妹館『宝仙閣』『宿守屋寿苑』への湯巡りができます!
“あやめ”の間 碁天井と黒檀の床の間の本間10畳
[ プラン内容 ]
渡月庵は大正はじめ、和倉町の棟梁北村喜一郎氏により建てられた建物。
当時の名工によって建てられた渡月庵は、昭和、平成とその時代の職人たちより修復され、
100年前の佇まいを今に残します。

二階に位置する“あやめ”の間。お部屋からは入り江をご覧いただけます。10畳の本間と控えの間4.5畳。そして縁側となります。
天井はやや高く、堂々とした碁天井。
欄間は旭日と鶴の彫刻。床の間は、床柱・床框に黒檀を使用。

皇族の方もご宿泊された渡月庵の特別なお部屋。
ごゆっくりどうぞ。

◇◆ お食事 ◆◇
“遥”(はるか)会席
『天然のいけす』と称される七尾湾で水揚げされた魚介類にA4ランクのやわらか和牛ステーキのついた和風会席。
板長、支配人が自信をもっておススメする和牛ステーキをご賞味下さいませ。
(お食事処での夕・朝食となります。)

※時季により使用する食材や調理方法が異なる場合がございます。
※「魚介類」や「甲殻類」が苦手、もしくはアレルギーの方がいらっしゃる場合は、事前のご連絡で対応させていただきます。

◇◆ お風呂 ◆◇
開湯1200年余、和倉温泉の泉質は「ナトリウム・カルシウム塩化物泉」で、無色透明で塩分が非常に強く毛穴を引き締め美肌効果と保温効果にも優れています。
渡月庵の浴殿は小さな癒しのお風呂。身も心もほぐれていきます。

カップル・女子会・ファミリーで気兼ねなく温泉を満喫できる貸切風呂もございます。
詳しくは、当宿までお問い合わせください。(50分/2200円)

◆特典
★浴衣は記念撮影が楽しくなる選べる色浴衣サービス♪
★和倉温泉内3つの姉妹館への湯めぐりが可能!趣の異なるお風呂をお楽しみください。
★のとじま水族館や和倉昭和博物館など周辺観光施設の割引券ご用意しております。
★旅の思い出に【イルカウォッチングクルーズ】がオプショナルツアーでお楽しみいただけます。≪期間:春〜夏≫
“あやめ”の間 入り江を見渡せる縁側
 
“あやめ”の間 鶴と旭日の欄間
a 料金   a
人数等  部屋  大人   子供 0名 料金再表示
※以下は、1部屋あたり大人2名 での料金を表示しています。

「予約」は下のカレンダーをクリックしてください。

2018年6月 7月 >




1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24

受付終了
28
¥43,200
¥21,600
29
¥43,200
¥21,600








予約受付は1日前の14時00分まで
カレンダーの見方
料金
上段:人数合計   下段:単価(大人1名)
空室状況
」:残室数余裕あり  「19」:残室数  「×」:満室  「-」:部屋提供なし
支払方法 オンラインカード決済とは
現地決済 / オンラインカード決済
子供料金 お子様連れの方へ
 
料金特記
小学生 8640円
幼児:食事・布団あり 5400円
幼児:食事あり 3240円
幼児:布団あり 2160円
幼児:食事・布団なし 1080円
 
入湯税大人150円(子供無料(0〜11歳))別途頂きます。
予約金 予約金について
 
キャンセル規定 キャンセルについて
一人当たりの料金(ルームチャージはルームあたり)
予約金 不要
 
7日〜4日前 宿泊料金の10%
3日〜1日前 宿泊料金の20%
当日 宿泊料金の50%
無連絡キャンセル 宿泊料金の100%
補足:天候や交通状況、その他の事由がございましたらご連絡ください。
ページの先頭に戻る↑
大正浪漫の宿 渡月庵