歴史の宿 御客屋
宿泊プラン 歴史の宿 御客屋
【夕食部屋出し】☆☆阿蘇のあか牛とお野菜のセイロ蒸し♪バランスのいい料理『弐の膳』プラン オンラインカード決済可
食事: 朝・夕 チェックイン 15:00〜17:00 チェックアウト 〜10:00 残室・料金を見る
このプランは最大2泊までの予約受付となります。
[ 部屋タイプ ]
和室 和室8畳A
部屋でインターネットOK ※バスなし
≪客室の位置≫
当館の構造は
地下1階(地下室ではございませんが立地上の表記です)にお風呂やお食事処、
こちらの8畳タイプ客室は1階と2階に分れてございます。
お風呂や食事処へのご移動は、階段のご利用となりますのでご注意くださいませ。
※当館には、エレベーターがございません。

≪広さ≫
8畳+板間

≪収容人数≫
2名〜3名まで

≪設備≫
冷暖房・TV・冷蔵庫・洗面所・トイレ(ウォシュレット式)・加湿器(貸出希望により対応可)
8畳タイプ客室一例
[ プラン内容 ]
☆お野菜・お肉・お魚とバランスよくお召し上がりたい方へオススメの料理内容『弐の膳』です。メインの料理は、低カロリーでうま味たっぷり【阿蘇のあか牛のセイロ蒸し】をご堪能ください。
☆夕食はお部屋でゆっくりとお楽しみください。朝食は大広間となります。

■お食事■
 ご夕食;熊本・阿蘇の野菜や美味なお肉を使った「地のチカラ」の会席料理。バランスいい真ん中のクラスの料理『弐の膳』です。
18:00〜のご案内をさせていただいております。

当館で使っている野菜は、当館の畑で育ったものや、この地域小国郷で育ったもの、そのほか熊本・九州で育った野菜にこだわっています。
そのほか、紅鱒の御造りや馬刺し、山女の塩焼き、メインの阿蘇のあか牛も熊本・阿蘇育ちのオススメの一品です。
食前酒の梅は、当館の畑で育ち、スタッフみんなで漬けこみました。
また、お米も清らな水で育てた当館自家製米や契約農家の方のお米を使用しています。
お漬物も当館の手作りで提供しております。

◆熊本名物「馬刺し」は、低カロリーで鉄分・カルシウムが他の肉に比べ数倍あり、臭みもない新鮮な品です。特に女性様にはお召し上がりいただきたい体に優しい一品です。

 ご朝食;阿蘇の大自然の恵みを活かした素朴な郷土料理です。熊本ならではの桜納豆(細目馬刺し+納豆)もぜひご堪能ください。
小国ジャージー牛乳を使った手作りヨーグルトもオススメです。
8:00〜のご案内をさせていただいております。

■お食事について補足■
 食材等で苦手なものやアレルギーがございましたらお知らせください。できる限り、他の食材で対応させていただきます。

■館内■
当館の客室は1Fと2Fに分かれておりますが、お風呂場、お食事処は1Fより下の階にあるため、階段のご利用がございます。館内にはエレベーターがございませんのでご理解願います。

弐の膳 メインはうま味たっぷりの「阿蘇のあか牛蒸ししゃぶ」
 
「弐の膳」以上から味わえる熊本名物!馬刺しとたてがみ刺し(別注可)
a 料金   a
人数等  部屋  大人   子供 0名 料金再表示
※以下は、1部屋あたり大人2名 での料金を表示しています。

「予約」は下のカレンダーをクリックしてください。

このプランは最大2泊までの予約受付となります。

2019年10月 11月 >

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22

受付終了
23
¥39,600
¥19,800
24
¥39,600
¥19,800
25
¥39,600
¥19,800
26
¥41,800
¥20,900
27
¥39,600
¥19,800
28
¥39,600
¥19,800
29
¥39,600
¥19,800
30
¥39,600
¥19,800
31
¥39,600
¥19,800










予約受付は宿泊当日の12時00分まで
カレンダーの見方
料金
上段:人数合計   下段:単価(大人1名)
空室状況
」:残室数余裕あり  「19」:残室数  「×」:満室  「-」:部屋提供なし
支払方法 オンラインカード決済とは
現地決済 / オンラインカード決済
子供料金 お子様連れの方へ
 
料金特記
小学生 受け入れなし
幼児:食事・布団あり 受け入れなし
幼児:食事あり 受け入れなし
幼児:布団あり 受け入れなし
幼児:食事・布団なし 受け入れなし
 
入湯税大人150円別途頂きます。
予約金 予約金について
 
キャンセル規定 キャンセルについて
一人当たりの料金(ルームチャージはルームあたり)
予約金 不要
 
5日〜2日前 宿泊料金の30%
1日前 宿泊料金の50%
当日 宿泊料金の100%
無連絡キャンセル 宿泊料金の100%
補足:悪天候他、緊急時は応相談
ページの先頭に戻る↑
歴史の宿 御客屋