鬼怒川温泉 ホテルきぬ
宿泊プラン 鬼怒川温泉 ホテルきぬ
【日光江戸村が1人あたり550円安い】『前売りパスポート+霧降高原牛陶板焼きプラン』
食事: 朝・夕 チェックイン 15:00〜18:00 チェックアウト 〜10:00 残室・料金を見る
このプランは最大1泊までの予約受付となります。
[ 部屋タイプ ]
和室 和室8畳(バス・ウォシュレット付トイレ)
ゆったりとした日当たりのよい明るい和室でおくつろぎ下さい。
●和室8畳
●お風呂+シャワー
●洗面所+ウォシュレット付トイレ

「客室装備の詳細」
液晶テレビ|冷暖房|ポット|お茶セット|冷蔵庫
浴衣|アメニティー(歯磨きセット)|バスタオル|フェイスタオル
※ドライヤー、カミソリ、クシ、シャワーキャップは大浴場にございます。
※Wi−Fi接続可能
※ご質問はお電話でお願い致します。
日光江戸村
[ プラン内容 ]
日光江戸村の前売券(1人あたり550円安い)と霧降高原牛を満喫できる宿泊プランです。前売券があるので、窓口で並ぶ必要がありません。おもいっきり施設を楽しめます。また、当館から江戸村まで車10分の好立地です。栃木県のレジャーと食を楽しみたいお客様にぴったりです。

地元・日光市民の愛する流通量の少ない『霧降高原牛※』を陶板焼きでお召し上がりいただけます。ホテルきぬのオーナーシェフがこだわりをもってご提供しているおいしい牛肉です。赤みが多くさっぱりとした食味がたまりません。地元で長年親しまれている味を、ぜひ堪能ください。(※全農肉牛枝肉共励会で4回最優秀賞を受賞)

また県産の川魚のお造りや塩焼きも絶品。地元農家さんから仕入れたお米は、仕入れる毎に精米してお出ししています。栃木県の食が詰まった宿泊プランです。

☆7つの特典
@日光江戸村の前売券がついたお得なプランです。
A日光市民が愛する地元ブランド牛、霧降高原牛を提供します。
B先着12組限定!夕食・朝食すべて個室料亭で召し上がれます。
Cその他観光施設(ワールドスクウェア、とりっくあーとぴあ日光)のお得な前売り券、割引券あります。(一名¥300〜¥500円ぐらいお得にご利用できます)
Dチェックイン前、チェックアウト後のお荷物無料預かりサービスあります。
E無料駐車場20台、チェックアウト後も利用頂けます。(混雑時は除きます)
F全館無料Wi-Fiあります。24時間使い放題です。

《温泉について》
●無色透明無臭のアルカリ性単純泉です。赤ちゃんや肌の敏感なお客様にも安心です。
●広々とした大浴場と天然石の風合いを活かした露天風呂があります。
●入浴時間(夕)15時から23時 (朝)6時から9時30分

《プランを満喫するためのおすすめ情報》
栃木県を丸呑み!地酒・地ワイン・地ビールを揃えています。
●香り豊かな地ビール『日光いろはビール』牛肉にぴったり(850円)
●オーナーシェフが選んだ地ワイン『那須の原』 赤白あります(3,300円)
●若女将がお勧めする地焼酎『(芋)紅風車』『(麦)夢草子』風味や味は現地で確かめてください。

※日光江戸村は毎週水曜日が定休日になります。
年末年始(12月29日〜1月5日)ゴールデンウィーク(4月29日〜5月5日)
夏休み(8月13日〜8月16日)の期間は営業しております。

※カードでのお支払いは不可になります。
※夕食の最終は19時になります。
霧降高原牛
 
夕食
a 料金   a
人数等  部屋  大人   子供 0名 料金再表示
※以下は、1部屋あたり大人2名 での料金を表示しています。

「予約」は下のカレンダーをクリックしてください。

このプランは最大1泊までの予約受付となります。

2019年6月 7月 >





1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
24
¥34,220
¥17,110







予約受付は宿泊当日の18時00分まで
カレンダーの見方
料金
上段:人数合計   下段:単価(大人1名)
空室状況
」:残室数余裕あり  「19」:残室数  「×」:満室  「-」:部屋提供なし
支払方法
現地決済
子供料金 お子様連れの方へ
 
料金特記
小学生 大人料金の80%
幼児:食事・布団あり 大人料金の43%
幼児:食事あり 受け入れなし
幼児:布団あり 3240円
幼児:食事・布団なし 2160円
 
入湯税大人150円別途頂きます。
予約金 予約金について
 
キャンセル規定 キャンセルについて
一人当たりの料金(ルームチャージはルームあたり)
予約金 不要
 
3日前 宿泊料金の30%
2日前 宿泊料金の40%
1日前 宿泊料金の50%
当日 宿泊料金の100%
無連絡キャンセル 宿泊料金の100%
補足:10名以上の団体様の場合は7日前からキャンセル料がかかります。
ページの先頭に戻る↑
鬼怒川温泉 ホテルきぬ